臭ピタッは効果なし!?正直本当のところはどうなの?徹底調査しました!

森のリフレッシュ作用「フィトンチット効果」に注目した消臭サプリ 臭ピタッ!は効果なしなのでしょうか?徹底調査してみました。

臭ピタッは効果なし!?リアルな口コミを徹底調査!

無臭をまとうとして人気のある消臭サプリメントの臭ピタッ!って本当に効果あるの?他の人の感想はどうなんだろう、と気になる方も多いのではないでしょうか。インターネットなどで報告された臭ピタッ!の口コミをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

効果を感じた人

・汗かきなので汗の匂いをケアできるこの商品を買いました。一週間ほどかかりましたが、本当にピタッとあのイヤなニオイがしなくなりました。
・使い始めの頃に、自分のニオイが消えたことによって、着ている洋服のニオイに気付くという瞬間がありました。それほど消臭効果があったものかと思っています。
・香水をつけていても、体臭が心配だと、重なって変なにおいにならないかが不安でいろいろ調べていました。
サプリなら人に気付かれないので試してみましたが、消臭スプレーと違って、マメにつける必要がありません。
あまり面倒さを感じないのがいいなと思っています。
・朝と夕に飲むようにしたら、口のねばつきやにおいを感じなくなり、汗をかいてもニオイがしなくなってきた気がします。
・1粒では実感しなかったが、2粒だと効果を感じた。

効果を感じなかった人

・オナラ対策に購入したが、2粒飲んでも効果は無かったように思える。まだ余っているので、食後に3粒飲んで試してみたい。
・飲んでいる期間「ヒノキのニオイがする」と言われました。ただ木の香りがするのはどうなの?と問われて、確かにね、と思って一袋でやめました。
・何もかわらない。お金の無駄遣いでした。
・毎日飲んだが効果を全く感じなかった。

試した人のレビューを見てみると、効果を実感できない方もいるようでした。個人差があるのかもしれませんね。
中に入っている成分のせいか、ヒノキの木の様なニオイがするという感想が多かったです。効果は実感するが木のニオイが苦手という意見もあり、ヒノキのニオイが苦手な方には合わないと考えられます。

やはり、サプリメントは実際に試してみないと、体に合うかどうかわからないですね。少量でも飲んでみて、続けられるかどうかを確認するとよいでしょう。
嬉しいことに臭ピタッ!は、初回購入のお得なお試し価格があるので、自分の体に合うかどうか実際にチェックできるのがポイントです。
実際に試してみて、効果を感じることが出来れば、定期購入制度を使い、割引価格で常にお手元においておくこともできます。サプリメントの合う合わないを実際に確かめることができるのは嬉しいですね。

臭ピタッ!の販売店について調査

臭ピタッってどこで売っているのか調査しました。

・メーカーの公式サイト
・amazon
・楽天

等の、インターネット販売だけで、ドラッグストアなどの小売店では販売していません。
購入したい場合は、ネットショップで探しましょう。

ただ、メーカーの公式サイトで購入すると、初回限定のお得なお試し価格や、気に入って使い続けるときに便利な、定期購入も出来るのがポイントです。
しかも、定期購入割引もあるので、ずっと使い続けるのであれば、その都度、他のネットショップで購入するより、メーカーの公式サイトで買うほうがだんぜんお得になります。上手に活用したいですね。

臭ピタッの成分について

臭ピタッはどんな成分でできているのでしょうか?成分内容についてチェックしていきます。

原材料名

べに花油、植物抽出液、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、蜜蝋


成分内容は含有量の多い順番に書いてあるので、臭ピタッには、べに花油が一番多く使用されていることがわかります。
次にくるのが、植物抽出液、これは、メインとなるフィトンチッド効果を参考にしたリフレッシュエキスが多く含まれています。
それ以降の成分は、液体の成分を包む外側の成分や、内容成分を安定させたり、成分を混ざりやすくするために使われています。
ゼラチンは外見のジェルカプセル部、グリセリンはジェルカプセル内部の成分を安定させるために使われていると考えられます。

フィトンチッド効果とは?

自然の中で森林浴に行くと、なぜだか清々しい気持ちになって、心が安いだり、ストレス解消になったりすることはないでしょうか?
これは、森林の持つリフレッシュ作用「フィトンチッド効果」のためだと考えられています。

樹木が発散する化学物質「フィトンチッド」には、防腐・殺菌作用などがあり、植物が有害な細菌などの微生物や昆虫から身を守る、自己防衛のための成分でもあります。 森林のリフレッシュ成分が森の中を包み込み、森の中で体が洗われている様な気分になるのは、フィトンチッドの働きなのです。

通常、森の中には動物の死骸・排泄物などの堆積物があり、本来は、これらの臭気が気になるはずですが、不快な臭気などを全く感じさせないのは、フィトンチッドの働きがあるからです。

フィトンチッドは、その効果を応用し、食品の防腐や殺菌をするために活用されています。
例えば、本格的なお寿司屋さんでは、ガラスケースの中に入った寿司ネタの下に、ヒノキ・サワラの針葉樹の葉がしかれているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。
これは見た目の美しさだけではなく、フィトンチッド効果の防腐・殺菌効果を利用しているのです。
それ以外にも、まな板や寿司を載せる台、作業台など、様々なところにある木材なども、同様の効果があるものと考えられています。

近年の研究により、フィトンチッドの持つ効果は、防腐・殺菌作用だけはなく、人体にも影響を及ぼすことがわかってきました。
リラックスに関係する、脳内のα波の発生を促したり、呼吸を整える、交感神経の興奮を抑える、肝機能の改善などの効果がある可能性が報告されています。

例えば、森林浴でストレスホルモンが減少したり、唾液中のコルチゾール濃度が減少したことが報告されています。
コルチゾールとは、代表的なストレスホルモンで、ストレス時に濃度が上昇します。唾液から濃度を測定することが可能です。
さらに、血管の収縮期血圧、拡張期血圧、脈拍数ストレスがかかると上昇する性質があることから、森林浴において、収縮期血圧および脈拍数が都市に比べて低下していることがわかってきました。
これは森林の方が都市よりリラックスしている状態にあることを示しています。

他にも、心拍の揺らぎを解析することにより、自律神経活動を副交感神経活動(リラックス時に昂進)交感神経活動(ストレス時に昂進)にわけて数値化することができるのですが、その数値を活用して、ストレス指標である、「交感神経の活性化」について注目した場合、森林浴において、森林では都市に比べ「交換神経活動が低下」しストレスが緩和されていることが判明しました。



→ 詳細情報は、公式サイトで詳細をご確認ください。